土壌分析のご相談は「みらい蔵」へ

土壌分析の「みらい蔵」
TEL:097-578-1190 メールでのお問い合わせ

HOME > お客様への取組およびコンサル事例 > 北川農園

丹波黒豆の発祥地、兵庫県篠山市の黒豆をブランド化

北川農園

場所:兵庫県篠山市
作物:黒大豆、水稲

丹波黒豆の発祥地である、
兵庫県篠山市で黒大豆を生産。
丹波盆地特有の昼夜の温度差が大きく,
肥沃な土壌ときれいな水に恵まれた地で
家族で黒大豆を生産しています。

目標

丹波黒豆の発祥地、兵庫県篠山市の黒豆をブランド化

課題

品質向上
収量の増加

施策

【品質向上】

黒大豆の枝豆の品質を上げたい。

⇒作物体分析(β-アミラーゼ量の測定)

β-アミラーゼは、デンプンを糖にする酵素であるので、β-アミラーゼが多いほど、枝豆の糖分が多くなり、甘さが増す。

 

【収量の増加】

現在の圃場面積で、より多くの黒大豆を収穫したい。

⇒土壌分析、施肥設計(ソイルマン)を利用し土壌の陽イオンバランス、窒素量の管理を行う。

 

日々の取り組み

ソイルマンデモ体験申込はこちら 大手契約農家から食品メーカーまで幅広く分析を行っています。 パートナー制度のご紹介