土壌分析のご相談は「みらい蔵」へ

土壌分析の「みらい蔵」
TEL:097-578-1190 メールでのお問い合わせ

HOME > 土壌分析の特徴紹介 > 輸入土壌の分析について

輸入土壌の分析について

海外からの土壌の輸入をお考えの企業さまへ

国外の土壌を、日本国内に持ち込むことは、植物防疫法(昭和25年法律第151号)第7条により、禁止されています(輸入禁止品に指定)。
ただし、輸入禁止品に該当するものであっても、試験研究の用等に供するため、あらかじめ農林水産大臣の許可を受けた場合は、輸入禁止品を輸入し、利用できるように除外規定が設けられています。
詳しくは、植物防疫所のホームページをご覧下さい。

弊社では、海外土壌の分析の実績(台湾、ベトナムなど)もあり、農林水産省からの許可を得た土壌サンプルを輸入時に、植物防疫所にて高圧滅菌処理を行ったものを通常の土壌サンプルとして、国内土壌同様の分析を行っています。

輸入土壌の分析の流れ

【注意事項】
  • 輸入禁止品である輸入土壌の分析は必ず輸入手続きを行った上で、弊社へご依頼下さい。
  • 密輸土壌が弊社に到着した場合は、植物防疫所へ報告し土壌サンプルを引き渡します。

1.土壌分析のお申込み

当サイトの土壌分析申込みフォームより土壌分析依頼を行ってください。
その際、検体数の欄に、「輸入土壌」と必ず記載して下さい。

2.土壌の郵送

土壌が輸入されましたら、弊社まで「輸入許可書」と「問診票(弊社指定)」を土壌サンプルに同封しご郵送をお願い致します。
輸入土壌のサンプル到着後、10日~2週間程度で分析が完了致します。
サンプル到着後、ご請求書を発行しますので、ご入金をお願いします。

3.分析結果のご提出

分析が完了し、ご入金が確認できましたら、分析結果のお渡しとなります。

今すぐ、土の状態を把握しませんか?
ご相談・お申し込みはこちらから

土壌分析を申し込む方はこちらから



土壌分析(化学性・物理性)、単元素分析など既に分析したい
内容がお決まりの方はこちらからお申込みください。

土壌分析を申し込む(24時間受付中)
土壌分析が初めての方

土壌分析が初めてで、何から始めれば良いかがまだお決まりでない場合、
事前に相談したい内容がある場合はお問い合わせフォームの「何を相談したらよいか分からない」にチェックをいれて、必要事項をご記入下さい。

※お申し込み前によくある質問をご確認ください。
お客様からいただくご質問を「よくある質問」ページで公開しています。
お申込前の不明点や疑問点ながある場合は、まずはこちらをご確認下さい

よくある質問はこちら

土壌分析の結果から施肥設計をするのがお悩みの方へ

土壌分析の結果をもとに、

「今までの経験や勘を頼りにするしかない・・・」
「どのような施肥設計をすればよいか分からない」
「従来の施肥設計の手法からさらに高度に進化させたい」



とお考えでしたら、高度な施肥設計を楽しく簡単に速く計算してくれる「ソイルマン(特許取得)」をぜひご活用ください。理想としている農作物にするための具体的な一歩を確実にふめるはずです。

施肥設計に専門知識はいりません!
表現力と分かりやすさを追求した施肥設計システム(ソイルマン)が、
あなたの農園・農場に最適な施肥設計を自動で行ってくれます!

施肥設計システム(ソイルマン)を申し込む方はこちらから




ソイルマンを申し込む

サービスを利用する前のお役立ちコンテンツ

  • 自社にあった最適なサービスを経営スタイルと事例から知る
  • 施肥設計システムソイルマン紹介用ムービー
  • 社内プレゼンでも活用できる紹介用PDF
  • 施肥設計システムソイルマンデモ体験のお申し込みはコチラ
  • 栽培管理でお悩みの方、指導を受けたい方はミラサポ
リクナビ2019 プレエントリーはこちら 未来の企業応援サイト「ミラサポ」をご活用ください ソイルマンデモ体験申込はこちら 大手契約農家から食品メーカーまで幅広く分析を行っています。 パートナー制度のご紹介