土壌分析のご相談は「みらい蔵」へ

土壌分析の「みらい蔵」
TEL:097-578-1190 メールでのお問い合わせ
土壌分析

HOME > 土壌分析の特徴紹介 > ワンポイントアドバイス

ワンポイントアドバイス

「ニンジン」栽培のポイント

農作物「にんじん」ニンジンはダイコンと同じように冷涼な気候を好み、一般に平坦地では春と秋が栽培適期となります。

種子の発芽率は約70%と、他の野菜に比べて低く、35℃以上ではほとんど発芽せず、10℃以下では発芽に多くの日数を要します。

また、好光性種子であるため、覆土が厚いと発芽率が悪くなります。

栽培適温は15~22℃です。夏まき栽培が最も基本的な作型で、冬まき栽培は主に暖地で、春まき栽培は北海道や冷涼地での基本的作型です。

(1)土づくり

根が深く伸びるため、耕土が深く、排水性や保水性が良く、有機質に富む土壌が適しています。土壌水分の変動が激しいと、根部の表皮が荒れたり、裂根の原因になりますので注意が必要です。好適pHは6.0~6.6程度です。

(2)施肥管理

10a当たり成分量で、窒素23kg、リン酸19kg、カリウム23kgで、窒素は追肥が必要です。
堆肥は1,500kg/10aが推奨されます。


その他の農作物のアドバイスを見る

土壌分析サービス×アグリノート連携サービス ソイルマンデモ体験申込はこちら 大手契約農家から食品メーカーまで幅広く分析を行っています。 パートナー制度のご紹介