土壌分析のご相談は「みらい蔵」へ

土壌分析の「みらい蔵」
TEL:097-578-1190 メールでのお問い合わせ
事例紹介

HOME > 事例を探す > お困りごとから判断

お悩み解決事例
お悩み:

露地野菜を栽培しています。同じ圃場内で、作物の生育のムラが見られます。どうすれば良いでしょうか。 肥料も均一に施用し、日当たりも問題ありません。ただ、排水が少し悪い圃場です。

このようなお悩みを持つ方の特徴
土壌分析も施肥設計も行って栽培しているが上手くいかない方
水田跡地で、畑作をされている方

お悩み解決のためにご提供できるサービス

これらの課題を解決するために、当社では下記のサービスをご提供しています。
課題解決のためにぜひ参考にされてみてください。

土壌分析

従来の土壌分析では分析できなかった「土根の生育環境」まで分析・診断できるようになり、より高い確率で、収穫量UPと付加価値の向上ヘの対策が打てます。分析は手間がかからずお好きなタイミングで利用可能です。

農業改善指導

「思った以上の収穫量がでないので指導して欲しい」「作物の病気が近年多くなってきているので改善をしたい」などの要望には年間を通しマンツーマンで指導を行う農業技術改善指導がおすすめです。

お悩み解決された方の事例

研究所より
作物が生育するには、化学性・物理性・生物性が関係してきます。
条件が露地栽培で肥料も均一に施用されているということですので、
化学性の量的誤差はないと考察できます。
ただし、土壌中の水分誤差によって養分の濃度の変化は生じます。

次に排水の状態にムラがあるのであれば、根の呼吸量や微生物の多様性も変化します。
これらを総合的に推察した場合、
どうやら排水性のムラに要因があると推察されます。
要するに、「物理性」の悪化が生育ムラの要因と考察します。

したがって、排水のムラを改善するには
畝を高くして、酸素が保持される空隙を作るか、暗渠を作って排水性を高めることが最善と思われます。
また排水の悪い箇所だけを簡易的に修正したいのであれば、
確実に排水性がよくなるとは責任を持てませんがパーライト等をポイント的に土壌中に混合することも手段として考えられます。

関連するお悩み

土壌分析サービス×アグリノート連携サービス ソイルマンデモ体験申込はこちら 大手契約農家から食品メーカーまで幅広く分析を行っています。 パートナー制度のご紹介